食べ方

美味しく食べるには、食べる直前に氷水に浸けて冷やしたり。
食べる1時間ほど前に冷蔵庫に移して冷やすようにしましょう。
梨は長時間冷やし過ぎると薄れてしまいます。

梨はお尻の周りと皮近くが甘味が強い部分になります。
食べる時は皮はなるべく薄く剥き、芯の部分は少し大きく切りとってしまう方が良いでしょう。

選ぶ時はやや扁平気味で、お尻がどっしりとした感じのものが良いです。

青ナシ(二十世紀など)の場合は、緑色のものはシャキシャキとしていてみずみずしいです。
それが黄色みを帯びるにしたがい甘味が強くなってきます。
赤ナシ(幸水など)の場合は、薄い茶色の状態より、少し赤みがかった色になってきた状態が食べ頃です。

梨は基本的に追熟はしないので、食べ頃の良い状態のものを選びましょう。